人工芝 人気

【教えて】人工芝って何でできているの?どういう構造?

Q.人工芝って野球場やサッカー場などで聞きますが、いったい何でできているものなのでしょうか。イメージ的にプラスチック的な硬めのものがあるのですが、硬かったら競技場じゃ使用できないですよね。また、人工芝はどういう構造になってるかも合わせて教えて下さい!

詳しく見る→http://shibancyu.jp/

A.お答えしますね。まず、人工芝の簡単な構造としては、人工芝は下地の布に芝糸を縫いつけてあるような形で構成されています。さらに、下地の布の下にクッションとなるアンダーパットを敷いてクッション性を高めるようにしているものもあります。また、クッション性を高めるために、ものによっては珪砂やゴムチップが充填されているものもあります。この布を土やコンクリートに固定して使用しているのが人工芝です。

その他にも施工する際に下から余計な雑草が生えてこないように、人工芝の下に防草シートを敷くこともあります。その他には芝糸の構造も耐久性をもたせるためにひし型にしていたり、布に固定する方法も抜けないように強化されていたります。

人工芝が何でできているかというのは、芝糸(パイル)のことですね。確かにイメージとしてはプラスチックぽいものがありますが、プラスチックではありません。ものにも寄りますが、ポリエチレンモノフィラメントという素材で作られた繊維を使用しています。これによって天然芝に感触を近づけることができています。中にはナイロンを使用していたりもするので、全てがポリエチレンモノフィラメントだとは限りませんが、使用しているところは多いと思います。

人工芝は確かに硬いイメージがあります。ですが、最近では天然芝のような柔らかい手触りや強度、クッション性を持たせるために進化しています。

【Q&A】人工芝ってどんな場所に敷くことができるの?

Q.人工芝のことで質問です。人工芝は施工がしやすいと聞いたのですが、具体的にどういった場所に敷くことができるのでしょうか。また、どのような場所で人工芝は活用されているのか教えて下さい。

A.はい、ご質問にお答えしますね。人工芝は施工場所が土でもコンクリートでも施工が可能なため、場所を限定することなく施工することができます。

例えば、家庭でいえば、土の庭はもちろん、マンションなどのベランダにも施工できます。さらには、人工芝は簡単にカットすることができるので、広さも関係なく施工できます。マンションの狭いベランダやちょっとした中庭でも施工場所の形に合わせてカットできます。ベランダのように排水の溝があるとこでもそこを避けて敷くことができます。ちょっとした玄関先や渡り廊下にも施工可能です。

その他、人工芝は維持費が天然芝に比べて大幅に削減できることから、サッカー場や野球場などの競技場に使用されています。また、そのクッション性から子どもが怪我をする心配がないので保育園などの子どもが遊ぶ場所に利用されることもあります。

芝丈の長さも多くあるので、本格的なゴルフ練習場を作ることもできます。屋外で使用できるような人工芝のパターマットを提供している業者もあるほどです。

メンテナンスの不必要さやお手入れの簡単さ、天然芝に似ているものが作成されていることで、人工芝は多くの場所で利用し活用されていますよ。枯れることなく一年中綺麗な緑が楽しめるのも人工芝が多く活用されている理由の1つです。

【Q&A】人工芝の上でバーベキューはやっぱり無理ですか?

Q.一軒家を先日購入し広いお庭を手に入れました。せっかくの広い庭なので夏になったら友人を読んでバーベキューをしたいね、という話を旦那としています。自分のところと友人のところとで子どもも多く来ると思います。そこで子どもも存分に遊べるように人工芝を敷こうと考えています。ですが、人工芝の上でバーベキューをやったら溶けてしまうんじゃないかと心配しています。人工芝の上でバーベキューをやるのはやっぱり無理でしょうか。

A.夏に広い庭でバーベキュー!とてもいいですね。確かにそれなら土色に囲まれているよりも、コンクリートの上よりもグリーンに囲まれたら気持ちがいいはず。人工芝なら気持ちのいい時間が過ごせると思います。

人工芝の上でのバーベキューですが、足の高い用具を使用してもらって人工芝から熱を離してもらえれば大丈夫です。

ですが、熱い炭を落としてしまうなど直接熱を当ててしまうとどうしても人工芝は傷んでしまいます。また、同様にタバコの火でも同じですので友人同士で注意が必要と思います。直接火が当たらなければ問題はありません。

人工芝なら食べ物で汚れても水で洗い流せますし、お子様方が遊ぶにもクッション性があって安全なのが嬉しいですね。

余談になってしまいますが、バーベキューということは夜に花火をしよう!なんて盛り上がるかもしれません。しかし、花火は人工芝には向かないので気をつけてくださいね。人工芝に火が落ちないように離れた場所でやられるのがいいと思います。

使用する人工芝によって多少の扱いの差がありますので、仕様書をよく読んで怪我がないように楽しく遊んでください。

【教えて】天然芝に近い人工芝ってあリますか?

Q.私はマンションに住んでいます。芝生の緑色や手触りが好きで庭があったら庭に天然芝を敷きたいとずっと思っています。しかし、マンションなのでベランダがあっても土ではなく天然芝が敷けません。将来、家を建てたときには天然芝をやってみようと思っているのですが、現状ではできないので人工芝を敷いて見た目だけでも芝生を楽しみたいと考えています。できれば天然芝に近い見た目と触り心地のあるものがいいのですが、人工芝だとそれは難しいでしょうか。

A.庭一面のグリーンな芝生は見ていてとってもリラックスできます。天然芝なら育てる楽しみもあるので、庭が手に入ったらぜひ挑戦してみてくださいね。手間暇かけただけ芝生が可愛くなりますよ。

現在はマンションということで、確かにマンションのベランダだと天然芝は敷くことができません。敷くことができたとしても育てるには至らないと思います。その代わりとして天然芝はとてもいいと思います。将来の天然芝を敷くイメージにもなると思うのでぜひ人工芝をお試しください

。天然芝と近い見た目と手触りのものということですが、最近では天然芝と見間違えるほどの人工芝を扱っている業者が増えました。草の色も一遍等な緑色ではなく、枯れ草の色みを混ぜたりすることで天然に近い見た目が可能になっています。触り心地もふわふわと素足で歩いても気持ちのいいものもあります。それこそ競技場で使われるようなものも手軽に手に入るようになっています。

納得のいく人工芝を選んで楽しい芝生ライフを過ごしてください。

【不安】人工芝の施工は高いと聞きますが、実際はどうなのでしょうか

Q.家の庭に人工芝か天然芝を敷こうと考えています。天然芝だとメンテナンスが大変と聞いて、性格上、そこまで手がかけられると思いません。そこで人工芝にしようと思ったのですが、人工芝は施工費が高いと聞きました。実際、天然芝と比べてどれくらい高いのでしょうか。

A.はい、お答えしますね。ご存知だとは思いますが、天然芝と人工芝の特徴は土に直接自然のものを植えるか、人工のものを敷くかになりますね。

人工芝を敷くには、地面を平らに整えることから始め、防草シートという雑草が生えないようにするものを敷いて、その上に人工芝を敷いていきます。施工自体に手間や材料がかかることもあり、天然芝に比べて人工芝の方が施工費は高くなってしまいます。人工芝の金額や庭の広さにもよりますが、30万円近くかかると言われています。

しかしながら、人工芝はその後のメンテナンスは経年劣化までかかることはありません。経年劣化と言っても敷いたら10年程度保つと言われているので、10年間特別な手入れは必要ないのです。

ご質問者様がおっしゃっている通り、天然芝だと短めに狩っておかないと綺麗ではありませんし、雑草も生えます。季節によってのメンテナンスも必要で維持費が相当かかることは想像に難くありません。人工芝に比べて2割ほど高くなります。そうなると、施工費自体は高くても手間がかからず、一年中綺麗なグリーンを保てて、維持費が必要ない人工芝の方がお得な場合が出てきます。

天然芝はメンテナンスはもちろんですが、お手入れ自体も簡単にできるものではないので、ガーデニングが好きであったり、手間ひまかけて育てたいという人にはぴったりの芝生だと思います。中には慣れてしまえば楽だと言う人もいらっしゃいますので、人それぞれです。

人工芝はお手入れも少し汚れが目立ってきたら、掃除機をかけてもらうこともできるので家の掃除の延長線上で行うことができます。水を使用することもできるので、汚いなって思ったら水で流してモップで擦ってもらえれば大丈夫です。人工芝はメンテナンスや育てることが難しい方にはお手軽に扱ってもらえる芝生になっています。

費用自体は簡単には比べられませんが、施工費だけじゃなく、維持費も合わせて考えてみると人工芝は高いとは言い切れないと思います。先のことも考えた上で自分のライフスタイルに合ったものを取り入れて見て下さいね。